肉体改造と筋トレメニュー

理想的な肉体改造のための筋トレメニュー

バルーンの装飾

バルーン参考(ヘリウム入り)
まん丸バルーン(Ⅼ70p)
まん丸バルーン(Ⅿ45p)
フリンジバルーン(Ⅼ)
フリンジバルーン(Ⅿ)

誕生日、お祝い・お見舞い、結婚のお祝い、ウエディング装飾、出産祝い、母の日、父の日、結婚記念日など記念日の飾りつけ、バレエ発表会、ピアノ発表会、イベント、オープン記念、開店祝い、七五三・ ・・・ 様々なお祝い、記念日のシーンにピッタリなバルーンの装飾・デコレーション。
バルーン装飾・結婚式・ウエディング | FBiA

チュールバルーン/フリンジ付フィルムバルーン/スパークバルーン

肉体改造と筋力向上

様々な目的がある肉体改造ですが、その多くに必要とされるのが、筋力の向上、筋肉の増強です。
肉体改造という言葉のイメージからも、ほとんどの人は筋力をアップさせる事を連想するのではないでしょうか。
実際、それは間違ってはいません。
この言葉を普及させた清原和博氏や長渕剛氏も、筋力の増強による肉体改造を行っています。
肉体改造の基盤となるのは、筋肉です。

 

筋力の向上は、パワーの増加につながります。
純粋な力がアップするため、スポーツや格闘技においては、自らの成績の向上に直結します。
ただ、力をつける事だけが肉体改造というわけではありません。
場合によっては、あえて筋力を落とすというケースもあります。
というのも、スポーツ選手の場合、どの部位にどれだけの筋肉がついているかという点も重要になるためです。

 

たとえば、野球選手の場合、パワーさえあれば良いというものではありません。
上半身にばかり筋力をつけると身体のバランスが大きく崩れ、満足なスイングができなくなるばかりか、下半身に負担がかかり、膝などが悲鳴を上げてしまいます。
そういった誤ったバランスを矯正するために、あえて一部の筋肉を落とすというケースも少なくありません。
ボクシングなどの、重量制限のある格闘技はさらに顕著です。
どの筋肉を強化し、どの筋肉を抑制するかといった事を考えた肉体改造が、常に行われています。

 

筋力を向上させる場合、多くのケースでは筋肉トレーニングを行います。
そのためのジムや指導者も近年は増えており、肉体改造がしやすい環境はかなり整っています。

1万人以上が肉体改造に成功した驚異の筋トレ法 北島達也のマッスルキャンプ 日本人初のカリフォルニアボディービルチャンピオンになった男が、たった20分、週2回のトレーニングで1万人以上の日本人の肉体改造を成功させた・・・
その秘密をすべて公開します。

 

1万人以上が肉体改造に成功した驚異の筋トレ法 北島達也のマッスルキャンプ